【2019年最新版】Plays.tvのダウンロード・使い方【画像付き】

f:id:omatsugame:20190304204631p:plain

PCゲーをやってる時に「録画しとけばよかった・・・」なんてことがゲーマーならよくあるかと思います。
NVIDIAのShadowPlayでも録画可能ですが、Plays.tvのほうが圧倒的に使いやすいです。

特徴としては

・ゲームを起動すると自動で録画される

ハイライトを簡単に作れる

シェアがしやすい

・ゲーム毎にフォルダ分けされるので管理がしやすい

など欲しい機能が備わっています。

ではそのPlaystvの導入方法を解説していきます。

Plays.tvをダウンロード

①まずはここでソフトをダウンロードします。

plays.tv

②ダウンロードした「PlaysSetup.exe」を開きます。

③アプリケーションを開いたら下のSIGN UP」をクリックします。

f:id:omatsugame:20190304212131p:plain

④好きなユーザーネームを入力して下の「CLAIM」をクリックします。

※「This username is already  being used」と出た場合はそのユーザーネームは使えませんので違うユーザーネームを入力してください。

⑤下の「SIGN UP WITH EMAIL」をクリックしてメアド、パスワードを入力してアカウントを作成してください。

ソーシャルアカウントと連携で作ることも可能ですが、ちょっとめんどくさいことがあったりするので(例えばSteamで連携すると連携したアカウント以外のSteamアカウントでゲームをプレイした時録画がされない等)メールから作成することをおすすめします。

⑥これでインストール、アカウント作成は完了です。

設定

次は設定をしていきます。

アプリ画面左下のSettingから設定を開きます。

Generalから順に好みの設定にしていきます。

f:id:omatsugame:20190305212258p:plain

f:id:omatsugame:20190305214039p:plain
f:id:omatsugame:20190305213926p:plain

f:id:omatsugame:20190305214459p:plain

f:id:omatsugame:20190305215414p:plain

f:id:omatsugame:20190305220253p:plain


その他の設定は気にしなくていいものなので今回は割愛します。

 

使い方

これだけ設定してしまえば使い方はとっても簡単です。

①ゲームを開始

②ゲームを終了

③勝手に録画されてるので良い場面を抜き取りハイライトを作成

④アップロード

以上です(笑)

でもこれだけではよくわかんない人もいると思うので③番④番を説明していきます。

動画作成からアップロードまでの手順

まず録画したセッションを選択し、動画編集画面を開きます。

f:id:omatsugame:20190305223053p:plain

次に好きな位置で「Add Clip」を押して長さを調節しクリップを作成します。

この時ゲーム中にブックマークを付けていれば編集が楽になります。

また、タイムラインを拡大縮小したい場合は右下のを調節してください。

クリップは何個でも作れます。

f:id:omatsugame:20190305223756p:plain

クリップを何個か作るとこのように下に合計時間が表記されます。

クリックするとプレビューを閲覧できます。

編集ができたら右上の「UPLOAD」からアップロード画面に行きます。

f:id:omatsugame:20190305224157p:plain

好きなコメントを入力します。

Plays.tvサイトのフォロワーや他人にビデオを見られたくない場合は「Public Video」のチェックを外しましょう。

下の「UPLOAD VIDEO」を押せば終了です。

 

シェアのやり方

Plays.tvアプリ内左側の「Profile」をクリックし、シェアしたい動画のクリップマークをクリックすればあとは好きなSNSなどに貼り付けするだけです。

f:id:omatsugame:20190305231424p:plain

 

 作成したハイライトをmp4にしたい場合

twitterなどに貼り付ける場合、Plays.tvのリンクではなくmp4として直接シェアしたい方もいると思うのでそのやり方も書いておきます。

まず先ほどの「Profile」から動画を選び右上の・・・マークを押して「View on web」をクリックします。

f:id:omatsugame:20190305232146p:plain

・・・マークから「Download Video」をクリック。

f:id:omatsugame:20190305232528p:plain

「DownLoad Now」をクリック。

f:id:omatsugame:20190305233246p:plain

右下のちょんちょんマークからダウンロードを押せば保存できますので、あとはいつも通りに動画を貼ってシェアしてください。

f:id:omatsugame:20190305233255p:plain

 

 

 

 

 

 

【Apex Legends】新キャラ『オクタン』『ワトソン』スキル説明&考察

f:id:omatsugame:20190226121230p:plain

ついにApex Legendsに新キャラが出るそうですが、海外のインスタグラムユーザーが新キャラの情報をリークしました。

公式ではないのでまだ噂レベルの情報ですが、どのようなキャラがリークされたのか見てみましょう。

※追記:オクタンについては本当とRedditに投稿がありました。

www.reddit.com

 

オクタン

 

f:id:omatsugame:20190301013930j:plain

 

Swift Mend

ダメージを受けていない間、ヘルスを徐々に回復する。

 

めちゃくちゃ強くないか?って一瞬思ったのですが、回復速度がどれくらいなのかによってはそこまで強くないかもしれないです。

ライフラインのアビリティより回復が早ければぶっ壊れ、遅ければ注射器を取る必要がなくなる程度。ただこのアビリティは”ダメージを受けていない間”なので、安置外では使えなさそうですね。あと、”何秒間”ダメージを受けていなければ回復が発動するのかも気になります。

 

Adrenaline Junkie

ヘルス10%を消費して、6秒間移動速度30%を得る。使用中は移動速度が低下しない。

 

これはパッシブと相性最強ですね。敵に奇襲をかけるときにこのアビリティを使用して一気に詰めて、敵と接触した頃にはヘルスが全快しているような感じですかね。

 

Lanch Pad

空高く飛べるジャンプパッドを展開する。

 

もしこれが回数制限無く、すぐに設置できてすぐに飛行状態になれるとするとぶっ壊れですね。さすがになんらかの制限はあると思いますが。

安置外から素早く移動したり強ポジを抑えるのに使えそうです。

 

 

ワトソン

こちらのキャラはまだ情報がほとんど出ていないみたいです。

テスラトラップといアビリティを使えるそうなので、おそらく電気系の罠をメインとしたキャラになりそうです。

 

ちなみに下記のCooperというキャラの画像も行き渡ってますがこれはコラ画像の可能性が高いらしいです。

f:id:omatsugame:20190301085937j:plain

 

【Apex Legends】バニーホップのやり方

f:id:omatsugame:20190226121230p:plain

この記事ではApex Legendsでのテクニックの一つ”バニーホップ”のやり方を解説していきます。

このテクニックを用いることにより、回復しながら移動ができるようになります。

とくに安置外にいる場合はかなり有効的ですので是非マスターしましょう。

 

そもそもバニーホップとは

このテクニックがメジャーになったきっかけはCS:S(Counter-Strike:Source)というFPSゲームで、このテクニックを用いることによってスピードを落とさずに急激な進路変更を可能とします。

また、CS:SCSGO(Counter-Strike Global Offensive)などでこのテクニックを使うと、足音が全く目立たなくなるためプロの間でもかなり使われています。

参考としてこちらを貼っておきます。16秒辺りからバニーホップを使ってキルしています。

www.youtube.com

 

事前準備

まず前提としてやっておかなきゃいけない設定が2つあります。

①ジャンプをホイールに設定する

スペースキーでも可能ですが、かなり難しいのでホイールの上か下どちらでもよいのでどちらかに設定しましょう。”キー2”の箇所にホイールを設定すればスペースとホイールどちらでもジャンプができるようになります。

②しゃがみ(ホールド)を設定する

しゃがみ(切り替え)のほうだとバニホはできません。押しやすいキーに設定しましょう。

筆者の設定はこんな感じになっています。

f:id:omatsugame:20190302220050p:plain

 

やり方

簡単にいうとこんな感じです。

①スライディングする

②ジャンプ(回復アイテムを使う時はこの時にキーを押す)

③しゃがみ(切り替え)キーを押す※押し続けます

④視界を振りながら着地と同時にジャンプを連続で行う

この④の視界を振りながらというのが一番重要で難しいポイントです。

例えばこの動画の場合、スライディングしてジャンプした後右に振って左に振ってを繰り返しています。

これをすることによってスピードが減衰されにくくなります。

右に振る場合はWDを同時押ししながらマウス(視界)をに振る

左に振る場合はWAを同時押ししながらマウス(視界)をに振る

 

コツとしてはジャンプ3回ずつ毎に視界を振るといい感じに伸びてくれます。

 

やり方とコツさえ掴めてしまえば後ろ向きでも簡単にできます。

後ろ向きの場合はマウスの振る方向がになります。

SDを同時押ししながらマウス(視界)をに振る

SAを同時押ししながらマウス(視界)をに振る

 

これができれば敵から逃げるときに敵の動きを見つつ距離をとれるのでかなり助かります。是非練習してみてください。

 

 

【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005

【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005

 
BenQ ゲーミングマウス ZOWIE EC2-B 小サイズ右手持ち専用/プラグ&プレイ設計

BenQ ゲーミングマウス ZOWIE EC2-B 小サイズ右手持ち専用/プラグ&プレイ設計

 

 

【Apex Legends】初心者から上級者までおすすめの設定【PC版】

f:id:omatsugame:20190226121230p:plain

これはPCゲー全般に言えることですが、ビデオ設定を軽くすることによりフレームレート(処理速度)が向上し、撃ち合いに勝ちやすくなります。

この記事ではその周辺のおすすめ設定を書き記していきます。

 

ビデオ設定

ゲーム内でのビデオの設定は以下のようになります。

 f:id:omatsugame:20190226125252p:plain

テクスチャストリーミング割り当ては、PCのメモリが8GBの人は「高(VRAM:4GB)」

メモリが16GBの人は「極(VRAM:8GB)」

f:id:omatsugame:20190226125256p:plain

モデルディティールは「中」でも大丈夫です。

 

Originアプリケーション設定


①ゲームライブラリからApex Legendsを右クリック→「ゲームのプロパティ」

f:id:omatsugame:20190226131715p:plain

 

②「Apex Legends™でOrigin In Gameを有効にする」のチェックを外す

f:id:omatsugame:20190226131834p:plain

これによりゲームの動作が少し軽くなります

※課金する場合はここを有効にしないと出来ません

③詳細な起動オプションに「+fps_max unlimited」をコピーして貼り付ける

f:id:omatsugame:20190226132000p:plain

このゲームでは144fpsが上限とされていますがこれにより144fps以上出せるようになります。

 でも使用しているモニターが144Hz未満の場合は144fpsは出ませんのでご注意ください。使用されているモニターのリフレッシュレートの確認及び変更の仕方はこちらを参考にしてください。

 

omatsugame.hatenablog.com

 

144Hzのモニターを持ってない方は絶対変えたほうがいいですよ、ほんと世界が変わるので(笑)

いくつかおすすめ貼っておきます。

 

 

他にもNvidiaの設定や電源設定などありますが、他のゲームにも言えることなので別途記事にしています。こちらからどうぞ!

 

 

omatsugame.hatenablog.com

 

 

ではよいApexライフを!

 

【PC】FPSをやるならこの3つは必ず設定しよう

f:id:omatsugame:20190226121230p:plain

PCのFPSゲームをやる際に重要視する点は、

フレームレートを出来るだけ上げつつ且つ敵が見やすい設定にすることです。

周辺機器による差が出るのはしょうがないですが、設定を変えることによりだいぶ快適になります。

その弄るべき3つのポイントを説明していきます。

 

①電源オプションの設定

左下の検索窓からコントロールパネルを開きます

f:id:omatsugame:20190226160345p:plain


コントロールパネルから「ハードウェアとサウンド「電源プランの選択」と進みますf:id:omatsugame:20190226155706p:plain

高パフォーマンスを選択

f:id:omatsugame:20190226155900p:plain

 

②視覚効果のパフォーマンス設定

再びコントロールパネルから「システムとセキュリティ」「システム」「システムの詳細設定」と進みます

f:id:omatsugame:20190226161130p:plain

パフォーマンスの中の「設定」をクリックしパフォーマンスオプションに進みます

f:id:omatsugame:20190226161550p:plain

「アイコンの代わりに縮小版を表示する」以外のチェックを全て外し、適用をクリックして閉じます

画像フォルダを開いた際にサムネイルで表示される設定ですので不要な方はこれもチェックを外して大丈夫です。

追記)「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」のチェックは外すと文字が見にくくなるので外さないほうがいいかもです。

f:id:omatsugame:20190226161842p:plain

NVIDIAコントロールパネル内の設定

3D設定

「3D設定の管理」の中にある以下の項目を変えます。

・スレッドした最適化を「オン」

レンダリング前最大フレーム数を「1」

・優先的に使用するリフレッシュレートを「利用可能な最高値」

・垂直同期「オフ」

・電源管理モードを「パフォーマンス最大化を優先」

全て変えたら右下の適用をクリックして閉じます。

f:id:omatsugame:20190226163441p:plain

 

デジタルバイブランスの設定

先ほどのNVIDIAコントロールパネルから「デスクトップカラー設定の調整」に進み、

デジタルバイブランスを80%から100%の間でお好みで調節してください。

f:id:omatsugame:20190226164124p:plain

デジタルバイブランスを上げることにより彩度が変わり、画面が見やすく鮮やかになります。目がチカチカするようなら80%がおすすめです。

変えたら適用をクリックして閉じて終わりです。

 

以上の設定によりフレームレートの向上視認がしやすくなり設定する前より敵との撃ち合いに強くなったはずです。

とはいっても筆者もまだまだ模索中なのでもし何かいい設定があればコメントで教えていただけると助かります(笑)

では!

【win10】モニターのリフレッシュレートの確認や変更のやり方

f:id:omatsugame:20190226134823j:plain

①デスクトップで右クリック

②ディスプレイ設定

③ディスプレイの詳細設定

f:id:omatsugame:20190226135251p:plain

④確認または変更したいモニターのプロパティを表示

f:id:omatsugame:20190226135450p:plain

⑤モニタータブにある「画面のリフレッシュレート」で確認または変更をしたら適用をクリックして閉じる

f:id:omatsugame:20190226135717p:plain

例え60Hzモニターから144Hzモニターに買い替えても、ここの設定を変えない限り144Hzにはなりませんので注意しましょう!

 ちなみにモニターをまだ買ってない人は24インチがFPSゲームをやるのに最適なサイズと言われています。

 

【2019年最新版】Plays.tvのダウンロード・使い方【画像付き】

f:id:omatsugame:20190304204631p:plain

PCゲーをやってる時に「録画しとけばよかった・・・」なんてことがゲーマーならよくあるかと思います。
NVIDIAのShadowPlayでも録画可能ですが、Plays.tvのほうが圧倒的に使いやすいです。

特徴としては

・ゲームを起動すると自動で録画される

ハイライトを簡単に作れる

シェアがしやすい

・ゲーム毎にフォルダ分けされるので管理がしやすい

など欲しい機能が備わっています。

ではそのPlaystvの導入方法を解説していきます。

Plays.tvをダウンロード

①まずはここでソフトをダウンロードします。

plays.tv

②ダウンロードした「PlaysSetup.exe」を開きます。

③アプリケーションを開いたら下のSIGN UP」をクリックします。

f:id:omatsugame:20190304212131p:plain

④好きなユーザーネームを入力して下の「CLAIM」をクリックします。

※「This username is already  being used」と出た場合はそのユーザーネームは使えませんので違うユーザーネームを入力してください。

⑤下の「SIGN UP WITH EMAIL」をクリックしてメアド、パスワードを入力してアカウントを作成してください。

ソーシャルアカウントと連携で作ることも可能ですが、ちょっとめんどくさいことがあったりするので(例えばSteamで連携すると連携したアカウント以外のSteamアカウントでゲームをプレイした時録画がされない等)メールから作成することをおすすめします。

⑥これでインストール、アカウント作成は完了です。

設定

次は設定をしていきます。

アプリ画面左下のSettingから設定を開きます。

Generalから順に好みの設定にしていきます。

f:id:omatsugame:20190305212258p:plain

f:id:omatsugame:20190305214039p:plain
f:id:omatsugame:20190305213926p:plain

f:id:omatsugame:20190305214459p:plain

f:id:omatsugame:20190305215414p:plain

f:id:omatsugame:20190305220253p:plain


その他の設定は気にしなくていいものなので今回は割愛します。

 

使い方

これだけ設定してしまえば使い方はとっても簡単です。

①ゲームを開始

②ゲームを終了

③勝手に録画されてるので良い場面を抜き取りハイライトを作成

④アップロード

以上です(笑)

でもこれだけではよくわかんない人もいると思うので③番④番を説明していきます。

動画作成からアップロードまでの手順

まず録画したセッションを選択し、動画編集画面を開きます。

f:id:omatsugame:20190305223053p:plain

次に好きな位置で「Add Clip」を押して長さを調節しクリップを作成します。

この時ゲーム中にブックマークを付けていれば編集が楽になります。

また、タイムラインを拡大縮小したい場合は右下のを調節してください。

クリップは何個でも作れます。

f:id:omatsugame:20190305223756p:plain

クリップを何個か作るとこのように下に合計時間が表記されます。

クリックするとプレビューを閲覧できます。

編集ができたら右上の「UPLOAD」からアップロード画面に行きます。

f:id:omatsugame:20190305224157p:plain

好きなコメントを入力します。

Plays.tvサイトのフォロワーや他人にビデオを見られたくない場合は「Public Video」のチェックを外しましょう。

下の「UPLOAD VIDEO」を押せば終了です。

 

シェアのやり方

Plays.tvアプリ内左側の「Profile」をクリックし、シェアしたい動画のクリップマークをクリックすればあとは好きなSNSなどに貼り付けするだけです。

f:id:omatsugame:20190305231424p:plain

 

 作成したハイライトをmp4にしたい場合

twitterなどに貼り付ける場合、Plays.tvのリンクではなくmp4として直接シェアしたい方もいると思うのでそのやり方も書いておきます。

まず先ほどの「Profile」から動画を選び右上の・・・マークを押して「View on web」をクリックします。

f:id:omatsugame:20190305232146p:plain

・・・マークから「Download Video」をクリック。

f:id:omatsugame:20190305232528p:plain

「DownLoad Now」をクリック。

f:id:omatsugame:20190305233246p:plain

右下のちょんちょんマークからダウンロードを押せば保存できますので、あとはいつも通りに動画を貼ってシェアしてください。

f:id:omatsugame:20190305233255p:plain

 

 

 

 

 

 

【COD:MWリマスター】ARの立ち回り

f:id:omatsugame:20170222130315p:plain

皆さんは普段ARを使う時に意識しているものはありますか?

SMGならラッシュしてみたり相手のSMGを待ってみたり、スナイパーなら開幕砂をしてみたり芋ってみたり、どちらもある程度好きにやれます

しかしARはどうでしょう?

スモークを焚いたりボムを設置したりと結構縛られます。

個人的にはおそらくARが一番難しいと思います。

そんなARのやるべき事注意することを考えてみたので書いていきます。

 

スモークの精度

スモークはSMGにとって無くてはならないものです。

例えばCrashの電気屋前のスモーク、Crossfireのレジ前スモーク、Districtの市場上スモーク、Strikeのセンタースモークなどは無いとどこにも行けなくなります。

相手にスナイパーが居た場合、開幕で少し見られただけで相手チーム全てに情報がまわり、撃ち合いに勝ちにくくなります。

なので、スモークは必ず投げれるようにしましょう。

遠投のタイミングのコツは、「右手が伸びる瞬間にジャンプ」です。

 

最速フラグ

開幕スモークを投げないほうのARは最速フラグを毎回投げましょう。

これで相手のSMGの最速ルートを毎回遮断することによって、味方のSMGが色々なルートで前線に出れるようになります。

当たったらその瞬間に5vs4、当たらなくても最速でSMGが来ていないという情報が貰えるので、1試合中8割は投げたほうがいいですが、あまりにも当たらない相手の場合は時折他のフラグを混ぜましょう。

 

開幕はSMGに道を譲る

SMGは開幕スナイパーから逃げたり、フラグを避けたり、フラッシュをくらったり、相手のラッシュを捌いたり、開幕はやることが多いですので、できるだけ前を譲るようにしましょう。

でもスモークは必ず投げなきゃならないので、SMGの人もそこは避けてあげましょう。

 

ボム持ちの立ち位置

これですよね。一番難しいです。ボム持ちはボムを落としてはいけないという義務があります。ですが、スナイパーにやられた、フラグでやられたなどどうしようも無い場合は気にする必要はありません。味方に任せましょう。

ただ、立ち位置1つでボムを落とす危険がかなり減ります。それは、味方の1番後ろから2番目です。味方にスナイパーが居た場合、スナイパーをカバーできるような位置です。

しかし、味方がAポイントあるいはBポイントを完全に制圧して居た場合もしくはラッシュをかけている場合は素早く一緒にポイントに入り設置しなければなりません。その瞬時の判断が難しいのです。

ボムを落とし、ボムの位置がバレてしまった場合ほぼほぼそのラウンドは負けます。ですが、ボム設置が成功すればほぼほぼそのラウンドは勝ちます。勝敗を分けるとても重要な役なので、ボム持ちARの人は立ち位置を少しだけ意識してやってみてください。

 

ボム持ちじゃない方のAR

基本的にこちらのARはSMGのカバーを優先事項として頭に入れとくといいです。

味方のSMGをすぐにカバーするか、SMGが数人倒した後の消耗戦でキル出来るようにするために赤点を出さないで居るか、2つの選択肢がありますが、基本的にはカバーしましょう。

あとはボムを持たない分、攻め側の際に動きが制限されないので、出来るだけ色々なフラグを投げられるようにしましょう。ボム持ちのARと連携し”毎回同じフラグ”と”毎回違うフラグ”を組み合わせるのが効果的です。

 

いかがでしたか?個人的な考えを述べただけなので違う考えの人もいるかと思いますが、少しでも参考になればと思います!

それでは〜

ノーCODノーライフ!